So-net無料ブログ作成

デュアルブート用HDDの入れ替え [パソコン]

お盆休みに、自宅マシンのHDDを入れ替えました。
入れ替えたのは、Windows XPとVistaが入っているデュアルブート用のHDDです。
前回の交換から、もうすぐ3年になるため、この休み中に入れ替えることにしました。
容量は、250GBから500GBに増やしました。たまっていたポイント使ったため、HDDは3000円程で買えました。

システムやアプリケーションソフトをインストールしなおすのは非常にめんどうなので、HDDをまるごとコピーするツールを使うことにしました。
今回、使用したのは、すでにデュアルブートのために使っている「ドライブワークス」に付属している「コピーコマンダー」です。

まずは、新しいハードディスクをパソコンの空いてるSerial-ATAに接続します。
次に、パソコンを起動して、「システムコマンダー」の画面を表示します。
そして、「パーティション操作」を選んで、「ドライブワークス」の画面を表示します。
ドライブワークスの画面で、「ドライブのコピー」を選ぶと、「コピーコマンダー」が起動します。

blog_img100.jpg

コピーコマンダーの画面で、「コピーするハードディスクを選択」を選ぶと、コピー元とコピー先のHDDを選択する画面が表示されます。
ここで、コピー元にシステムの入っているHDDを、コピー先に新しいHDDを選びます。

blog_img101.jpg

オプションの設定では、「ターゲット領域に合わせて自動的に拡大」のチェックをはずします。

blog_img102.jpg

チェックしたままコピーを行うと、メインOSであるWindows XPは正常に動作しましたが、Vistaがうまく動きませんでした。
HDDのサイズを変えてしまうと、デュアルブートで使用しているHDDのMBR(マスターブートレコード)が、システムの入っている位置と一致しなくなるため、システムコマンダーのOS選択画面が出なくなります。

また、「コピー後にSIDを変更」をチェックすると、コピーが終わった後、レジストリが書き換えられてしまいました。
このため、XPではユーザープロファイルが引き継ぎできず、ログオンすると初期状態でWindows XPが起動してしまいました。
Vistaは、ユーザープロファイルが見つからず、ログオンもできませんでした。

というわけで、これらのチェックをはずして、HDDのコピーを行いました。
30分程度でコピーは完了します。(使用容量は、全部で50GB程度です。)

コピー完了後、メインOSであるWindows XPは正常に動作しましたが、Vistaは一発で動きませんでした。
Vistaを動かすためには、Vistaのシステムを修復しないといけません。
修復方法は、以下のとおりです。

1.Windows XPのパーティションを非表示にする
2.Windows VistaのDVDをドライブに入れてPCを再起動
3.Press any key to boot from CD or DVD..表示時にEnterキーを押す
4.Windows Vistaのセットアップ画面が表示されシステムの修復を行う
5.修復完了後、PCを再起動
6.システムコマンダーの画面が出てVistaを選択して動作すればOK



Cres「HDDの入れ替え、結構時間かかったなぁ~」
Forti「そうやね。オプションの選択の仕方で、こんなにうまくいかないとは思わんかったわ~」
Cres「デュアルブートでなかったら楽にコピーできたんか?」
Forti「うん、オプションも適当でコピーできたと思うけどね。」
Cres「結局、システムのHDD容量は、前といっしょやけど、これでいいん?」
Forti「空き容量は、XPが60GBで、Vistaが130GBもあるから、ぜんぜん問題ないね。」
Cres「残りのエリアはどうしたん?」
Forti「別にパーティション切って、データ用のディスクにしといたけど。250GBぐらいあるね。」

というわけで、ドライブが1つ増えました。
Windows 7が発売されたら、このドライブにインストールするかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。